離乳食 中期(7~8か月頃)

【離乳食中期の進め方】離乳食中期のスケジュールと食べられる食材

【離乳食中期の進め方】離乳食中期のスケジュールと食べられる食材

離乳食中期はどんなスケジュールで進めていけばいい?食べられる食材は?

離乳食中期の進め方について悩んでいるあなたへ、離乳食中期のスケジュールと食べられる食材についてご紹介します。

離乳食初期との違いを知り、進め方を知ることで、お子様に幅広い食体験をさせてあげることができますよ。

本記事の内容

  • 離乳食中期への切り替えの目安
  • 離乳食中期の進め方
  • 離乳食中期のタイムスケジュール
  • 離乳食中期に食べられる食材

離乳食中期への切り替えの目安

離乳食中期への切り替えの目安には、以下のポイントをチェックしましょう。

ポイント

  • 月齢
  • ごっくんが上手にできるか
  • 食欲があるか

離乳食中期に切り替える目安の月齢

離乳食中期への切り替えの目安の月齢は

7か月~8か月頃

この頃になるとミルク以外の食材にも少し慣れてきて、消化の力も最初よりついてきます。

離乳食が始まってから1~2か月経つ頃に切り替える人が多いです。

ただ、この頃の赤ちゃんの成長は個人差がとても大きいです。あくまでも目安ですので、参考程度に考えましょう。

下記のポイントと合わせてチェックしましょう。

ごっくんが上手にできるか

離乳食中期に進むためには、離乳食初期の目標「口を閉じてごっくん」が上手にできているかがポイントです。

  • なめらかな食材を嫌がっていないか
  • ごっくんせずに舌で押し返していないか

食材を受け付けてない子や、ごっくんせずに吐き出してしまう子は、もう少し食材に慣れさせます。

まだうまく呑み込めず、せき込むことのある子も、もう少しごっくんの練習が必要です。

ごっくんがうまくいかない理由は、お子様の発達のほか、食材の食べやすさも関わってきます。

食材にとろみをつけて食べさせてみたりと、工夫してみましょう。

食欲があるか

食欲は充分にありますか?

食材を嫌がらず、ごっくんが上手にできて食べるペースが速くなってきた頃に、食べ物のつぶし方を荒くしていきます。

順調に進むようであれば、2回食を開始し、食事のリズムをつけていきましょう。

離乳食初期~離乳食中期はこのように、徐々に移行していきます。

離乳食中期の進め方

離乳食中期の進め方

  • 1回食の段階から準備を始める
  • 2回目の食事はひとさじから始める
  • なるべく同じ時間に与える
  • 離乳食後には欲しがるだけミルクを与える

1回食の段階から準備を始める

1回食の段階で食材に慣れてきた頃、食べ物の潰し方を荒くしていきます。

これは離乳食中期の目標達成のための、前準備です。

離乳食中期の目標

  • 「もぐもぐ」ができるようになる
  • 食材を舌で潰せるようになること

なめらかな食材を食べていて、2回食になったからと急に食材の大きさを大きくしても、食べてくれません。

離乳食初期で段階を踏んで、食べ物の潰し方を荒くしていきましょう。

離乳食初期の潰し方目安

さらさら

粒が残らないどろどろ

少し粒が残るくらいのどろどろ

粒が多く残るどろどろ

徐々に潰し方を荒くすることで、赤ちゃんは自然と食感に慣れていくと同時に、あごや舌の使い方も覚えていきます。

2回目の食事はひとさじから始める

離乳食初期では一日1回食だった離乳食ですが、離乳食中期では1日2回食となります。

2回食に切り替えるときは、はじめは2回目の食事は小さじ1杯程度の少量から進めていきます。

いきなり多い量を与えてしまうと、体もびっくりしてしまいますので、徐々に慣れさせます。

様子を見ながら、1回目の食事と同じ量が食べられるように調節をしていきます。

なるべく同じ時間に与える

離乳食中期では

1日2回の食事で生活リズムを付けていく

というもの、目標の一つです。

生活リズムを付けるには、食事を同じ時間にすることも大切です。

離乳食後には欲しがるだけミルクを与える

離乳食中期での主な栄養源はミルクです。

離乳食の中期食は、栄養を摂ることが目的ではありません。

あくまでも「食材に慣れること」が目的なので、離乳食後には欲しがるだけ母乳やミルクを与えましょう。

離乳食を食べる量が少ない場合にも、ミルクを充分に飲んでくれていれば、大きな心配はいりませんよ。

離乳食中期のタイムスケジュール

食事のリズムが整うように、なるべく同じ時間に食事を与えていきましょう。

また、食事の後には欲しがるだけミルクを与えます。

スケジュール見本

6時10時14時18時22時

時間はあくまでも目安です。お子様の様子をみつつ、リズムを作ってあげましょう。

離乳食中期に食べられる食材

離乳食中期に食べられる食材はどんなものがあるのか、見ていきましょう。

分類食材
穀物お米、さつまいも、じゃがいも、麺類(うどん、そうめん、パスタ、マカロニなど)
野菜類人参、大根、かぶ、かぼちゃ、ほうれん草、小松菜、チンゲン菜、ブロッコリー、玉ねぎ、白菜、キャベツ、ピーマン、パプリカ、コーンなど
果物類りんご、いちご、もも、バナナ、メロンなど
魚類しらす、かれい、たい、ヒラメ、たらなどの白身魚
 かじき、カツオなどの赤身魚
 あじ、いわしなどの青魚
肉類鶏ささみ、鶏胸肉など
固ゆで卵の黄身
大豆製品豆腐、刻んだ大豆の水煮など
乳・乳製品ヨーグルト、チーズ、牛乳など

注意点

※油分の多い魚は与えすぎに注意
※肉類は刻んで使用する
※肉類で脂身の多い部位(鶏皮、豚肉)、食感が固い牛肉などは避ける
※生卵は与えない

初期に比べて食べられる食材が増えます。

食材を組み合わせるなどして、レシピのレパートリーも増やしていきましょう。

上記の表はほんの一例です。硬さ・なめらかさ、大きさを工夫すると食べられる食材がたくさんあります。

下記の記事も参考にご覧ください。

【離乳食中期の進め方】離乳食中期のスケジュールと食べられる食材 まとめ

ポイント

  • 1回食の段階から準備を始める
  • 2回目の食事はひとさじから始める
  • なるべく同じ時間に与える
  • 離乳食後には欲しがるだけミルクを与える

食べられる食材が増え、色々な食体験ができてくる頃です。

しかし、まだ食べ物をうまく噛めない時期ですので、茹で加減やなめらかさは赤ちゃんに合わせて調整してあげましょう。

個人差も大きく、食の進み具合や、興味などの差も違ってくる時期です。

まだまだ産まれてから一年も経っていないのです。心配事も多い時期ではありますが、心を穏やかに見守ってあげましょう。

-離乳食, 中期(7~8か月頃)

Copyright © はろみる Hello meals , All Rights Reserved.