離乳食 初期(5~6か月頃)

【離乳食初期の進め方】食べられる食材とスケジュールを合わせてご紹介!

離乳食初期では何が食べられる?どのように進めていけばいいの?

離乳食初期の進め方が分からないあなたへ、離乳食初期に食べられる食材と、スケジュールについてご紹介します。

本記事の内容

  • まず知っておこう!離乳食初期の目標
  • 離乳食初期(5ヶ月~6ヶ月)に食べられる食材
  • 離乳食初期の進め方とスケジュール
  • 調理のコツ

【離乳食初期の進め方】食べられる食材とスケジュールを合わせてご紹介!

まず知っておこう!離乳食初期の目標

離乳食初期とは、離乳食を始めてからの最初の1ヶ月程度の1日1回食の段階のことです。

まずは離乳食初期の目標を知っておきましょう。

離乳食初期の目標

  • ごっくんと飲み込めるようになること
  • 舌触りや味に慣れること

赤ちゃんにとって固形物を食べることは未知の世界です。

あくまでも食材に慣れるための期間ですので、栄養補給は母乳やミルクで行っていきます。

離乳食の後に、母乳やミルクを欲しがるだけ与えてあげましょう。

離乳食初期(5ヶ月~6ヶ月)に食べられる食材

離乳食初期ではどんな野菜が食べられるの?

分類食材
穀物お米、さつまいも、じゃがいもなど
野菜類人参、大根、かぶ、かぼちゃ、ほうれん草、小松菜、チンゲン菜、ブロッコリー、玉ねぎ、白菜、キャベツなど
果物類りんご、いちご、もも、バナナ、メロンなど
魚類白身魚(しらす、かれい、たい、ヒラメ、たらなど)
肉類まだ与えない
固ゆでした黄身(白身はまだ与えない)
大豆製品大豆製品 豆腐
乳・乳製品まだ与えない

離乳食初期ではアレルギーや消化能力の観点から、食べられない食材があるので注意しましょう。

離乳食初期の進め方とスケジュール

離乳食初期は火を通し、なめらかにすりつぶした状態のものを、 1日1回1さじずつ与えていきます。

1さじとは、小さじ1さじのことです。

そして、離乳食最初の一口は、「お粥」から始めます。

米:水の割合=1:10で作った10倍粥を丁寧にすりつぶし、与えます。

お米はアレルギーが起こりにくいと言われているので、厚生労働省から推奨されています

ポイント

お粥に慣れてきたころ、野菜→豆腐→白身魚の順でプラスしていきます。

豆腐の方が魚より消化がしやすく、赤ちゃんの体に負担をかけにくいので、豆腐→魚がお勧めの順番です。

離乳食初期のスケジュール

スケジュールを2段階に分けて紹介します。

  • 1日目~6日目のスケジュール
  • 7日目~30日目のスケジュール

離乳食初期 1日目~6日目のスケジュール

まずはミルク以外の食材に慣れるため、1日目~6日目はお粥のみで食べる練習を始めます。

スプーンマーク1つで1さじを示しています。

日数・食材1日目2日目3日目4日目5日目6日目
10

最初の6日間で3さじ食べられるように、ゆっくりと進めていきます。

この期間は赤ちゃんが欲しがっても、食べすぎると消化器官に負担がかかり、下痢の原因になるので与えすぎに注意です。

離乳食初期 7日目~30日目のスケジュール

7日目からは野菜を少しずつはじめ、11日目からはタンパク質も合わせます。

日数・食材7~10日目11~15日目16~25日目26~30日目
10倍粥×4×530g程度まで増やす40g程度まで増やす
野菜×1~3×1~3×1~315g程度まで増やす
豆腐×1
×2~3
30g程度まで増やす

※野菜は色々な種類を試します。1さじから始め、2~3さじ摂れるようになったら次の野菜にチャレンジします。食べられた野菜は混ぜてもOKです。単品、または合計で15g程度を目安にしましょう。

※豆腐に慣れたら魚を試しはじめ、30日目に10g程度食べられるように量を増やしていきます。

豆腐と魚は同じタイミングで食べてもいいの?

慣れるまでは豆腐と魚は別日の方がいいですが、慣れてきたら同じ日でもOKです。

ただ、合わせるときは量が多くなりすぎないように、魚1~2さじ+豆腐2~4さじの合計15g~30程度に調節しましょう

黄身には要注意

※タンパク質として「固ゆでの黄身」も食べられますが、アレルギー性が強いので食べ方には要注意です。21日目(離乳食開始3週間目頃)を目安に、耳かき1さじから2~3日開けながらで試していきます。

  • なぜ卵は耳かき1さじから始めるの?気になる方はこちら↑↑

量はあくまでも目安ですので、お子様の様子を見て進めてあげましょう。

少しずつ量を増やしていくんですね!

アレルギーにも注意

どんな食材もアレルギー発症のリスクはあるので、少しずつ進めていきましょう。

注意点

新しい食材を試すときは、1さじずつ

そして、初めての食材を与えるときは平日の午前中に行うことが望ましいです。

平日の午前中であれば、病院が開いています。万が一アレルギーが出たときに迅速に対処するためです

症状が遅れて出てくることもあるので、食事の後も注意深く見守ってあげることが大切です。

離乳食初期の調理のコツ

まだまだ食べ始めのころは、新しい触感・味に慣れていません。

食べやすいように、柔らかさ、なめらかさを調節してあげましょう。

柔らかさの目安

離乳食初期は飲み込むことで、食材を取り入れていきます。

柔らかさの目安

ヨーグルトくらい

噛む必要はない柔らかさです。

じっくりと火を通し、裏ごしたり、すりつぶしたりして調整します。

なめらかさの目安

なめらかさはだんだんと変化をつけていきます。

なめらかさの目安

とろとろドレッシング状

(粒がない)

もったりポタージュ状

(ほとんど粒が残らない程度)

どろっと潰した豆腐状

(粒が残る程度)

柔らかくした食材を裏ごしたりすりつぶした後に、ゆで汁やだし汁で伸ばして調節します。

離乳食初期の食べられる食材とスケジュール まとめ

だし汁などを活用し、素材の味を生かした離乳食を食べさせてあげましょう。

ポイント

  • 最初の1口はお粥を1さじから
  • お粥→野菜→豆腐→魚と進めていく
  • 量は徐々に増やしていく
  • 柔らかさ、なめらかさを調節しながら進める

なめらかな形態に慣れてきたら、食材を細かく刻んだものを与え始め、食事も2回食にします。

こうして中期食へと移行していきます。

お子様の成長に合わせて焦らず進めてあげましょう。

-離乳食, 初期(5~6か月頃)
-, , , , , , , ,

Copyright © はろみる Hello meals , All Rights Reserved.